目の下のたるみを改善する|治療をしてくれる名医を探す

婦人

悩みを解決できます

医師の手と女性

目の下のたるみは、加齢による筋肉の老化や、目元に脂肪がたまることでたるんで見えるのが原因です。根本的に目の下のたるみを取るには美容整形を利用することをお薦めします。まず情報収集したりカウンセリングをたくさん受けたりして、信頼できる名医を探すことが大切です。

もっと見る

若々しい目元にする

笑う婦人

目の下のたるみは、自宅で出来るケアも取り入れながら症状改善や悪化予防に役立てるようにします。名医が居るクリニックの選び方としては、仕上がりと効果の持続期間、安全性をしっかりと確認することが大切になります。

もっと見る

目の印象を変える方法

目を閉じた女の人

すっきりとした目にする

目の下のたるみについては、気にしてしまう人は多いです。多くは加齢による変化で起こりますが、肌の状態を乾燥させたりすることなどで悪くすることによって見た目年齢を老けさせてしまうことでも起こってしまいます。そのため、目の下のたるみを除去したいと希望する人は多いです。現在は美容技術の進歩によって、比較的簡単に除去できるようになり人気があります。しかし、いずれの方法においても名医の力を借りて行うことは第一であり、名医を見極めることは必要となります。これは失敗を防ぐためにはどうしても欠かすことはできません。具体的なやり方としては、以前は目の下のたるみを手術で切ることで除去する方法が主流でしたが欠点としてダウンタイムが長い点がありました。しかし、今は目の下のたるみをほとんど切らずに除去することができます。

人気がある経結膜脱脂法

現在目の下のたるみ除去で主流となっている手術方法は経結膜脱脂法と呼ばれる手術です。この手術法ではまず麻酔をかけ、まぶたをひっくり返したあとに結膜の部分をごく短く1センチくらいの割合で切開してまぶたの部分にある眼窩脂肪と呼ばれる部分を押し出していきます。眼窩脂肪を適量押し出した後は止血してしまえば手術は終了となります。所要時間はあまりかかりません。この方法のメリットとしては切開する部分が少なくすむことでダウンタイムが短くすむ点があり体にかかる負担が軽減される点にあります。名医の力を借りて行うことによって成功率は飛躍的に上がることはこの方法においてもいえます。名医の指示に従ってアフターケアを心がければ、確実に手術前よりも綺麗にすることは可能です。

後悔しないために

目元

目の下のたるみを解消するには、美容外科で手術を受けることです。目の下のまぶたの裏側から、脂肪を抜き取る脱脂術であれば短時間で手術ができます。メスを使わない手術ですので、傷跡も残りません。ただし、技術力がものを言う手術です。実績豊富な名医に手術をお願いすることが大切です。

もっと見る