目の下のたるみを改善する|治療をしてくれる名医を探す

微笑む女性

後悔しないために

目元

パソコンやスマホも原因

目の下のたるみがあるのとないのとでは、年齢がずいぶん違って見えるのではないでしょうか。年を重ねると、どうしても目の周りの筋肉が衰えます。そのため脂肪が重力に逆らえずに垂れ下がってしまい、たるみになります。これは何も目の下だけにはかぎりませんが、一度そうなると解消することは難しいでしょう。しかも今では20代や30代の人も、目の下にたるみが出来るケースが増えています。まだ筋肉が衰える年代ではないのですが、なぜでしょうか。それは、まばたきの減少と目の酷使によるものです。現代人の生活において、パソコンやスマホを見る時間は、大きなウェイトを占めています。画面を見ているとまばたきが減り、目の筋肉が衰えます。長時間使用する時は、目を休憩させましょう。

簡単な手術ではありますが

今や、目の下のたるみは、美容外科で簡単に取ることができます。目の下のまぶたの裏側から、脂肪を抜き取る脱脂術と言う方法で行えば、短時間で取れるのです。メスを使いませんので、傷跡も残りません。手術も一度で終わります。目の下のたるみを取る手術を受ける方が年々増えています。手術を受けるなら、名医と言われるドクターがいる美容外科にしましょう。簡単な手術ではありますが、仕上がりに技術力の差が如実にでます。脂肪を抜き取ると言っても、技術が未熟であると、左右差が生じたり、でこぼこになってしまうことさえあります。実は、名医のいる美容外科では、他院で行った手術の修正に訪れる患者が多いのです。名医と呼ばれるドクターは、インターネットで検索するとランキング形式でも掲載されています。そのほか、各クリニックのホームページからドクターのプロフィールを確認できます。手術の実績数も、名医かどうかの目安になります。